安い探偵の見つけ方

調査力・信頼性



探偵社の調査力の有無を見分けるにはどうしたら良いのでしょうか。


まず、探偵社において、電話などで相談した段階で話す人のほとんどが 「相談員」「カウンセラー」と呼ばれる、営業の人となります。

この方々は調査には参加しないため、依頼者の無理難題も大抵は 「できます!」としかいいません。

ここで重要な点があります。

「調査する人」と「相談を受ける人」が違うという点です。


調査する人間が「依頼者」に接することがない場合、 どのようなことになるか、想像してみてください。

「この人のために良い結果を出したい」

なんて気持ちはなくなります。

相談員からの無理難題に苛立ちながら、毎日毎日機械的にこなす調査を どうやって楽にしようか、どうやってサボろうかと考えます。

このような点が一番「調査力」「信頼性」ということに影響しています。

探偵は信用があって成り立つ仕事だと思います。

しかし、依頼者は「一生に一度あるかないかの問題のために」探偵へ依頼します。

つまり、リピーターが少なく、料金設定は「取れるときに取れるだけ」と考える風潮があります。

また、実際「嘘の報告」ができてしまう仕事が探偵です。

そこでどれだけ「依頼者のために」と「真摯に」「誠実に」仕事と向き合えるかが、もっとも重要なこととなります。


わたしなら、そのような現状を知っているため、

そのような状況に陥っている会社に高いお金を出して調査を頼むということはしません。


CPI探偵は調査員がご相談をお伺いします。

当然、嘘はつきません(嘘をつくところも「嘘はつかない」というため、どこまで信用していただけるかですが)。

また最高学府にて心理学を専攻した、本物のカウンセラー (カウンセラーは国家資格がないため、誰でも望めば肩書きにできるものなので、要注意です) であり、調査員でもある者がお伺いします。

ご安心してご相談ください。


↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system